エロゲ―

喫茶ステラと死神の蝶



20190829160007



 新年明けてましたおめでとうございました。
かまぼこさんとぼこたんさんが死んだ為、記事の更新がありませんでした。
私はカマブコなので申し訳なく思うはずも無く....はい。

ぶっちゃけブログなんて書く気ねえよバーカ!!!とまぁそんな感じなのですが、
とある契約により、私カマブコがこうして書かせて頂いております。

どうして

今回のゲームはゆずソフト、どうして
最新作の『喫茶ステラと死神の蝶』、なんで
です。どうして。

書く事無いので本編。

攻略順:白→.....................................................
かまぼこさんやぼこたんさんが生きてた時はブサイクから消化してたみたいですが、
私カマブコは完全にノリで生きてます。

ヒロイン4人のはずなのにピンクが表紙に映っていないのはなぜでしょうか。
これも長くゲームを制作し続けてる会社の策略なのでしょうか。
メインビジュアルにヒロインが3人だけって結構珍しいですよね。
うん。

共通

共通としてはかまぼこさんやぼこたんさんが顔を歪ませたなんとかソフトに近い物を感じました。
私がそこまで顔を歪めなかっただけなんとかソフトよりまともなのかもしれませんが...
でも間違いなく白目になってたと思います。それでもプレイしてるし慣れって怖いですね。

予想以上に話長いし、コーヒー豆みたいなモブがちょいちょい出てきます。
話長くするのはいいですがある程度無駄な部分は端折ってくれないと、
やる側としても辛いですね。会社としてもあんなモブにお金掛けてどうしたいんだろう。
そもそもあのモブなんだったんでしょうか。
コーヒー豆みたいな色してるのにコーヒー飲めないってどういう事だよ。謝れよ。
コーヒーがそれなりに話に絡んでくるのでイメージガールだったんですかね?
それならまぁ...理解は出来ないですけど、うん。コスト削減は大事ですよ。




まぁメインだろうし面白いんだろうな~~~~~~~。
私の胸は期待で高まります。きっと面白い。
話を進めて行くとかまぼこさん、ぼこたんさん、そして私が好きそうな話が始まります。
やらずに叩いてた事を後悔します。ごめんなさい。深く謝罪致します。


ウッキウキでもう少し先に進めると思わず手が止まってしまいます。
面白さに溺れてしまったのでしょうか?
身体が不調を訴えます。主な症状は頭痛と吐き気とめまいでした。

私の身体はどうしてしまったんでしょうか。
このままではよろしくないので、飲み物などを買いにコンビニへ行きました。

この日は1/9、私のやってるバカゲーの課金アイテムの期日でした。
私の身体にまで訴えかけてくれるこのゲームは素晴らしいなぁ。
コンビニできちんと電子マネーを購入し、帰宅。
ありがとう、このゲームは素晴らしい。やってないのが勿体ない。

帰宅しても治らない身体の不調を疑問に思いながらもクリア。
後半は頭をトンカチで殴られてるような気分でした。
ED後は金色......なんとかを思い出すような場面飛び。
やっぱり良いゲームは同じような感じになってしまうのですね。


う~ん、27点!w(100点満点中です)

スポンサーの方に怒られてしまったので7/7日現在、加筆しております涙

ピンク

半年程前の出来事なので記憶にございません。

茶髪(?)

半年程前の出来事なので記憶にございません。

黒髪

半年程前の出来事なので記憶にございません。

とても面白かったです!
万人がプレイしているのはやっぱり理由あっての事なんだなって思いました。
Twitterでシナリオゲーが好きって言ってる輩がゆずソフトを推してるのも、
今なら理解出来るような気がするような気がしないでもないです!
きっと私の脳味噌は膨大なシナリオによって破壊されたのでしょう!
キャパオーバーって怖いですね、いい勉強になります。

対戦ありがとうございました!

ラズベリーキューブ

maxresdefault (1)
だぉ☆ミ

遅くなりました。
本当は魔女こいにっきやろうとしたんですが........。
過ぎたことは仕方ないね!あのゲームの感想はありません。

このゲームの感想書こうと思ったのは、もう八つ当たりみたいなもんです。
やろうとした経緯に関しては曲と銀髪パワーですかね。

んじゃ本編


プロローグ 

「え、一体何を読まされてるの?」
最初の30行程で身体に拒否反応が起こります。
なろう小説を読まされている気分。
まぁ読んだことないんですが。

内容だけなら良いのですが文章も○学生レベル。
正直やってた事実を葬って何事も無かったかの様に振舞おうかと悩みます。

やるかやらないか葛藤。私はここで選択を間違えます。

「まぁいいや、勿体ないしやろ」

進んで行っても何一つ変わることなく頭のおかしい女が増えるばかり。
私の脳は考えることをやめます。

恋×シンアイ彼女をプレイしてすぐだったので、
こういうのもたまにはいいんじゃないでしょうか、と。

先程も述べましたがやっぱり選択を間違えました。

脳細胞が破壊されながら分岐に到着。

ここで私は普段しない過ちを犯します。

「このゲームやべえしもう好きなキャラで様子を見るか」

プレイ前パワーを感じた銀髪。

しかし頭がおかしいこのゲーム。
プロローグから分岐に至るまでの銀髪、
”””””””””””サイ○パスメ○ヘラキ○ガイ○ソ女”””””””””””””””


出てくる度主人公の嫌がらせをするやばい人。
嫌がらせについては後々理由が解明されたのですが.......。
内容すっからかんです。もうどうしようもねえよ。

前半のキチ○イっぷりも嘘だろってレベルで後半はただのメス。
切り替わり早すぎて泡吹きながら壁まで飛んで行きました。

尺八のシーンで音がやばすぎて爆笑したくらいですかね。
あと終始白目。


銀髪√終了後愚かにも、また選択を間違えます。

「実は銀髪が外れなだけで他は面白いんじゃね笑」

普段の自分を頼りに最初にやるはずだった赤髪√へ。

途中で限界を迎えかまぼこさん、死去。



マイナス×マイナスはプラスになりますが、
間違いに間違いを重ねても正解にはなりません。

まどそふとのゲームは生涯やることはないでしょう。

終わり





アメイジング・グレイス

head
だぉ☆ミ
新年明けましておめでとうございます。
かまぼこさんは元気じゃないですがぼこたんは元気です☆
前回の記事にも書いた通りアメグレです。

『アメイジング・グレイス -What  color  is your attribute?-』とは、
2018年11月30日、きゃべつそふとから発売された18禁PCえちえちスケベゲームである。

実はもっと早く終わらせる予定でしたがPC君が......。
PC君がかなりやばかったですが終わらせる事が出来ました。
ワイ、感涙。PC君も動けない程泣いて喜んでます涙

ではプロローグから

内容的には聖書とかそっち方面なので思わず顔が歪みます。
追加で絵画など見せられても顔が歪むだけです。
苦手な物ばかり引き当ててかまぼこさん轟沈。

進めばきっと面白い!そんな希望を胸にクリックするゲームでした。
詰みゲー行きか?とか思いつつクリック。

きっと面白い!そんな希望を打ち砕くようにPC爆発。

【悲報】俺氏、号泣。

一命は取り留めた物のやる気も霧散。
10日後くらい経った頃PCの調子も良くやる気もあり再プレイ。
再開し、進めていくとゲーム本編でも爆発。思わず苦笑い。

細かい内容書くと普通にネタバレしそうなのでサクサクやります。

ゲーム内の進み方に沿うようにプレイしたので、
金髪→黒髪→ピンク→銀髪。
やろうとしてたのと大差無いので問題無し。
しかし好みの問題によりピンクを後にしたかったなあと。
理由は後述します。

金髪√と黒髪√
言う事は特に無いです。
なんというかゲームの進行上分岐する必要の無い感じですかね。
好みの方はやればいいんじゃないでしょうか。

えちえちスケベシーンがあるか無いかくらいの違いです。
それ以外は共通なのでうん。
話全体とすれば最後の方で、「これ伏線だったんだ」
ってなる部分も多いので血眼でやりましょう。

所々ノーマルEDもありますがこれからやろうとしてる方は、
プレイしなくてもいいんじゃないでしょうか。
文章で10行くらいしかないので見ても特に変わりません。


ピンク√
√に入る前にかまぼこさんが死にました。
健気過ぎるが故に心が持ちませんでした。

「ここから√選択とかこんな残酷な事が許されるのかよ!!!」

ピンク√だけやって銀髪√をやらなければ心が救われる。
そんな事も考えてました。
心を鬼にし、一先ずピンク√消化。

選択後はまぁあっさりしたもの。
EDが終わり心がしんどいまま銀髪√。

選択肢を押すのが億劫でした。

選んで見るとピンク√と話の流れは変わりません。手抜きか?

ED終わり全員のアフター。
メインストーリーでも無いのにピンクと銀髪で同じ話。
なんでそんな酷い事するの。

メインでの手抜きはまあ許せる。
アフターで手抜きとかなんでそんな酷い事するの。
ねえなんで?なんでなんでなんでなんでなんで。

別に後味悪いとかじゃないからいいけどなんで。

メイン終わった後、「PC壊れた以外別に鬱にならなかったなあ」
とか思ってましたがある意味鬱になりそう。
本編は面白かったのでそれなりにおススメです。
☆ミ↓
















PS.
えちえちスケベシーンはスキップしてたので気づかなかったのですが、
このゲームの乳首がオレンジ色と通話で話題に。

そこで銀髪√アフターの3回目のえちえちスケベシーン。
あれ乳首がピンク色!?!?!?!??!?!?!?
衝撃を隠せません。

このゲームのタイトル『アメイジング・グレイス』
本作において「大いなる恵み」という意味を持つこの言葉です。

ピンク色の乳首を見た私は、

「これが大いなる恵みかぁ...」

と感傷に浸っていましたが、その後はオレンジ色でした。
もうね鬱。

新年早々下らない事で鬱になってますがこれからもよろしくお願いします。

恋×シンアイ彼女

maxresdefault
だぉ☆ミ

皆さんお元気ですか?私は元気です。
前回やると言っていた『恋×シンアイ彼女』の感想です。

やるに至った経緯ですがやっぱりosu君です。
というかこれから先も大体osu君で決めると思います。
osu君凄い☆
でもそれだけじゃ限界があるのでオススメある方は教えてください。
待ってます。やるかは知らんけど。

前回の感想が長かったので今回はあっさりいきたいですね。
微塵にでもやりたい!とか可愛い!と思った方は、
即刻ブラウザバックして購入してやりましょう!


私がTwitterで『恋×シンアイ彼女』やりたい!茶髪可愛い!
とか呟いてたら止める方が居たのですが彼は何者だったのでしょうか。
茶髪推しなら殺してでも止めると仰ってましたが大変怖かったです。
物騒な世の中ですね。皆さんも気を付けましょう。
周りに流されてるだけじゃダメですよ☆

では本編



攻略順 金髪→黒髪→ピンク→茶髪

この作品の内容に関して軽く説明しますと、
1.小説を書いているぼっちの主人公のクラスに転校生(茶髪)が来る。
2.なんやかんやあって主人公は茶髪に恋をする。
3.意を決した主人公はクソ長いラブレターを書いて渡す。
4.しかし返事は貰えずそのまま茶髪は転校。
5.主人公は愛や恋トラウマ、小説でもそういった類が書けなくなる。
6.5年後学校が統合された時に編入生として茶髪降臨。

気になった方は今からでも買ってきましょう。


金髪√

別の中学校から花壇の世話をしに来る少女のお話。
その花壇は30年前に金髪の母親が世話をしてた花壇です。
金髪の母親は物語の3年前に亡くなっており形見のようなものですね。
オヨヨヨ。

大部分端折りますが、花壇を取り壊しさせない為に頑張る話です。
オイオイオイオイオイオイオイ。
42点


黒髪√

金髪√やってる最中、「こいつ嫌いだな」と。
まぁ後はマウスホイールくるくるですよ。
3点。


ピンク√

そこまで期待してなかったのですが大穴です。
この√をやるためだけにこのゲームが存在してると言っても過言ではありません。
王道に王道を重ねた王道。
ぶっちゃけ少女漫画見てるような気分でした。


文句があるとすればあれですね。
なんか既視感を感じるのですが、苗字+君→名前呼び捨て。

ツンデレって呼び捨てにする事が義務付けられているのでしょうか?
それともなんですか?私前世で何か悪い事したのでしょうか?
こんな残酷な事が許されていいのでしょうか?

しかし私は仏なので許します。

√が終わった時謎の充実感に包まれました。
思わずほっこりですよ。

しかし後半何が起こったのかあんまり記憶に残ってないんですよね。
記憶力にはかなり自信があるのですが思い出そうとしても浮かんできません。
衝撃的な事が起きるとその直前の記憶を忘れると言われてます。
それなんでしょうかね?笑 気が向いたらまたやってみます。
89点

ストーリーとかに特に関係ありませんがBGMとても好きです。
物静かな曲とか好きな方はもうこのゲームやるしかないですね!
flowerって曲がオススメです。めっちゃ好きです。

☆ミ














茶髪√

あんまり詳しい事書くと怒られそうなので。
比喩で大変申し訳ないのですが、
なんかチョコレート食ってると思ったら備長炭食べてました。
感情移入しやすい私は喉と胃に感じる違和感に耐えられませんでした。
こんな事があったいいのかと。
許されていいのかと。

宝くじ当たった人の後頭部を鉄パイプでフルスイングする感じです。
よく分からないですね。

1回目はまだ許しましょう。
そんな事態がもう1度起こります。

ことわざでもありますね、「泣きっ面に蜂」

そんな生易しい物で済めば良かったですね。
私の精神状態的に、「死体にガトリング」

と、言いたい所なのですが、
とても素晴らしい作品です。
現実感溢れる甘酸っぱいラブストーリーが好きな方は是非遊ぶべきじゃないかなぁ。
え?そんなに好きじゃない?じゃあやりましょう。

おまけ
この素晴らしい作品の原画の方とシナリオライターの方が、
再びタッグを組んで新作を出すそうです。

https://glovety.product.co.jp/


気になった方は是非『恋×シンアイ彼女』からプレイしましょう。
きっと新作で見る世界観も変わるはずです。
変わんないかもしれないけどやりましょう。
以上。
ギャラリー
  • 喫茶ステラと死神の蝶
  • ラズベリーキューブ
  • アメイジング・グレイス
  • 恋×シンアイ彼女
カテゴリー
COGブログ

CAPCOM

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.