maxresdefault
だぉ☆ミ

皆さんお元気ですか?私は元気です。
前回やると言っていた『恋×シンアイ彼女』の感想です。

やるに至った経緯ですがやっぱりosu君です。
というかこれから先も大体osu君で決めると思います。
osu君凄い☆
でもそれだけじゃ限界があるのでオススメある方は教えてください。
待ってます。やるかは知らんけど。

前回の感想が長かったので今回はあっさりいきたいですね。
微塵にでもやりたい!とか可愛い!と思った方は、
即刻ブラウザバックして購入してやりましょう!


私がTwitterで『恋×シンアイ彼女』やりたい!茶髪可愛い!
とか呟いてたら止める方が居たのですが彼は何者だったのでしょうか。
茶髪推しなら殺してでも止めると仰ってましたが大変怖かったです。
物騒な世の中ですね。皆さんも気を付けましょう。
周りに流されてるだけじゃダメですよ☆

では本編



攻略順 金髪→黒髪→ピンク→茶髪

この作品の内容に関して軽く説明しますと、
1.小説を書いているぼっちの主人公のクラスに転校生(茶髪)が来る。
2.なんやかんやあって主人公は茶髪に恋をする。
3.意を決した主人公はクソ長いラブレターを書いて渡す。
4.しかし返事は貰えずそのまま茶髪は転校。
5.主人公は愛や恋トラウマ、小説でもそういった類が書けなくなる。
6.5年後学校が統合された時に編入生として茶髪降臨。

気になった方は今からでも買ってきましょう。


金髪√

別の中学校から花壇の世話をしに来る少女のお話。
その花壇は30年前に金髪の母親が世話をしてた花壇です。
金髪の母親は物語の3年前に亡くなっており形見のようなものですね。
オヨヨヨ。

大部分端折りますが、花壇を取り壊しさせない為に頑張る話です。
オイオイオイオイオイオイオイ。
42点


黒髪√

金髪√やってる最中、「こいつ嫌いだな」と。
まぁ後はマウスホイールくるくるですよ。
3点。


ピンク√

そこまで期待してなかったのですが大穴です。
この√をやるためだけにこのゲームが存在してると言っても過言ではありません。
王道に王道を重ねた王道。
ぶっちゃけ少女漫画見てるような気分でした。


文句があるとすればあれですね。
なんか既視感を感じるのですが、苗字+君→名前呼び捨て。

ツンデレって呼び捨てにする事が義務付けられているのでしょうか?
それともなんですか?私前世で何か悪い事したのでしょうか?
こんな残酷な事が許されていいのでしょうか?

しかし私は仏なので許します。

√が終わった時謎の充実感に包まれました。
思わずほっこりですよ。

しかし後半何が起こったのかあんまり記憶に残ってないんですよね。
記憶力にはかなり自信があるのですが思い出そうとしても浮かんできません。
衝撃的な事が起きるとその直前の記憶を忘れると言われてます。
それなんでしょうかね?笑 気が向いたらまたやってみます。
89点

ストーリーとかに特に関係ありませんがBGMとても好きです。
物静かな曲とか好きな方はもうこのゲームやるしかないですね!
flowerって曲がオススメです。めっちゃ好きです。

☆ミ














茶髪√

あんまり詳しい事書くと怒られそうなので。
比喩で大変申し訳ないのですが、
なんかチョコレート食ってると思ったら備長炭食べてました。
感情移入しやすい私は喉と胃に感じる違和感に耐えられませんでした。
こんな事があったいいのかと。
許されていいのかと。

宝くじ当たった人の後頭部を鉄パイプでフルスイングする感じです。
よく分からないですね。

1回目はまだ許しましょう。
そんな事態がもう1度起こります。

ことわざでもありますね、「泣きっ面に蜂」

そんな生易しい物で済めば良かったですね。
私の精神状態的に、「死体にガトリング」

と、言いたい所なのですが、
とても素晴らしい作品です。
現実感溢れる甘酸っぱいラブストーリーが好きな方は是非遊ぶべきじゃないかなぁ。
え?そんなに好きじゃない?じゃあやりましょう。

おまけ
この素晴らしい作品の原画の方とシナリオライターの方が、
再びタッグを組んで新作を出すそうです。

https://glovety.product.co.jp/


気になった方は是非『恋×シンアイ彼女』からプレイしましょう。
きっと新作で見る世界観も変わるはずです。
変わんないかもしれないけどやりましょう。
以上。